当館について コンセプト・建築デザイン

当館について イメージ画像

コンセプト

富士急行株式会社が創立75周年記念事業として、公益財団法人堀内浩庵会と共同で建設を計画し、平成15年7月に完成したフジヤマミュージアムは、両法人が40年に亘り収集した富士山の絵画を展示しています。

古来富士山は実に多くの画家によって描かれて参りました。富士山への山岳信仰や『伊勢物語』等の文学的趣向を初めとし、独り聳え立つ峻厳且つ優美なシルエットやその時々に見せる変化に富んだ表情は、画家たちの創作意欲を大いに刺激したに違いありません。

FUJIYAMA MUSEUMはそのような作品の中から、近現代の画家が独自の視点で富士に挑んだ秀作を主体にコレクションしたものです。そこには芸術家の眼を通したさまざまな富士が見られます。

これから美術品の展示や教育普及活動を通じて、日本の財産である富士山の豊かな自然の美しさを伝え、それを守り続けるべく世界に 向け発信していきます。富士を愛する多くの人々が集い、自然や芸術にふれあう場所として、FUJIYAMA MUSEUMに親しんでいただければと願っています。

建築デザイン

2階建ての建物は、全館を見渡せるアトリウムを中央に、スロープ状の回廊をめぐって絵を楽しめる斬新な造り。回廊の途中には液晶画面を設置しており、屋上に設置したライブカメラが映した現在の富士山を見ることができます。

アトリウム天井には3層特殊ガラスを採用し、絵画に悪影響を与える紫外線等を除去しながら自然光を取り入れられるよう設計されており、美しい作品の数々を明るい環境で鑑賞していただけます。

建築面積: 約2,000平方メートル
延床面積: 約2,500平方メートル

設計者: 大江 匡(おおえ ただす)

(株)プランテック総合計画事務所代表取締役
辰野賞、東京建築賞、建築業協会賞などを受賞。
代表設計建築物に細見美術館、Ai-City、恵庵、HKTビルなど